• 156月
    Categories: 未分類 エレソルから学ぶ!家庭で実践!省エネのためにできること はコメントを受け付けていません。

    何かと省エネというワードが飛び交う昨今ですが、普段から心がけた生活を送っている人も多いことでしょう。

    節約にも繋がる考え方ですから実践しない手はありません。

    でもどんなことをやれば良いのか分からない人もいるのではないでしょうか。

    家庭でも実践できることは沢山ありますが、まず電気についての省エネ術です。

    電気代を節約するための基本としては、やはりこまめに電気を消すことでしょう。

    誰もいない部屋の明かりを消したり、使っていない家電のコンセントを抜いて待機電力を減らすなど、無駄を省けるところも見つけられるはずです。

    ところが意外と無駄を発生させてしまっていることもありますので、生活を見直してみて節約ができそうなところがないか確認してみると良いでしょう。

    ※参考ページ:エレソル株式会社

    家電の使い方を見直してみることも大切です。

    特に電気の消費量の大きいエアコンは見直し甲斐がある存在と言えます。

    エアコンの使い方次第で分かりやすく電気代が違ってくることがあります。

    上手な使い方のポイント

    上手な使い方をするためのポイントのひとつに、省エネ温度にしつつ自動モードを活用することです。

    温度設定に気を配りながら、風量や送風の向きなどを適切にすることで節約効果を得られます。

    そのためにも温度設定と自動モードが有効であり、無駄のない温度と効率的に冷やす稼働のさせ方ができ余計な電気代を省くことが可能です。

    思い切ってエアコンを使わない生活を送るのも良いでしょう。

    基本的には使わないようにするのがエアコンの電気代を節約する最も有効な手段です。

    とは言え暑さを我慢して倒れてしまうようではいけません。

    ですから別の手段で冷やすことも大切ですが、そこで有用なのが扇風機です。

    ただ、そのまま扇風機をつけただけでは生ぬるい風が出るだけで涼しくありません。

    そのため涼感をアップさせるためにも、凍らせたペットボトルや保冷剤などを使ってみるのがおすすめです。

    扇風機の前に冷たい物を置いておくことで風を涼しくすることができます。

    気温がそれほど高くない時にはこういった使い方でも十分に涼しく感じられることもありますし、エアコンを使わずに過ごすことができるのです。

    次に水道代についての省エネ術も見てみましょう。

    水道代を特に圧迫する存在と言えばお風呂です。

    ですからお風呂の入り方についての見直しが必要ですが、テクニックのひとつにペットボトルを入れてお湯をかさましする方法があります。

    普通にお湯を張ってしまうと水道代も高くなってしまいますが、水を入れたペットボトルを何本か入れておくことで、その分のお湯の供給量を減らすことができるのです。

    少ないお湯で肩まで浸かれるようになりますから、お風呂の水道代が気になる時に良いでしょう。

    お風呂のお湯を再利用することも大切です。

    そのための方法としては洗濯の際の洗いの水として使用することです。

    そのままお風呂のお湯を捨ててしまうのはもったいないですから、洗濯をする際に再利用してみると良いでしょう。

    近頃の洗濯機には最初から吸い上げるためのポンプも付いていますので、実践する人もそれだけ多いということなのでしょう。

    お風呂での節約と言えばシャワーの使い方にも工夫ができることがあります。

    基本は出しっぱなしをしないように心がけることです。

    何気にやってしまいがちな行為ですが、毎日の積み重ねをすると相当な無駄になってしまいます。

    意識して止めるだけで節約になりますから、用がない時にはこまめに止めるようにした方が良いでしょう。

    シャワーヘッドへの交換もおすすめ

    節水効果のあるシャワーヘッドへの交換をするのもおすすめです。

    標準のシャワーヘッドですと水の量が多いですから無駄がありますが、節水のできるシャワーヘッドにすることで50%程度もの節約ができたりするのです。

    ヘッドを交換するだけでお得になりますし、特に工事も不要で行えますからやってみる価値はあるでしょう。

    最後にガス代についての省エネ術も紹介します。

    ガス代がかかりやすいタイミングとしては料理中ですが、料理での節約法としては基本的にガスを使う時間を短くすることが大切です。

    そのためにも例えば、お湯を沸かす時や煮物などを作る時に蓋を使うようにすることです。

    これだけで火の通りが良くなりますのでガス代を節約することができます。

    ガス会社を見直せるようなら変更を検討してみるのもおすすめです。

    特にプロパンガスを利用している場合は見直しをすることで大幅に節約ができる可能性があります。

    プロパンガスはガス会社によって全然価格が違っていることもありますから、高く感じている場合は変更をした方が良いかもしれません。

    安いところを見つければそれだけで毎月のガス代が何千円も違ってくることがあります。

    ガス会社の見直しが難しい場合は、ガスをあまり使わないようにするためにIHクッキングヒーターを使用するのも良いでしょう。

    根本的にガスを使わずに済ませることができますので、料理中のガス代を節約可能です。

    工事不要で取り付けができる製品もあり、また、コンロのスペースにそのまま設置できるタイプもありますから、最初からIH式だったかのように活用できます。