• 0212月
    Categories: 教育 福島先生、脳腫瘍は予防出来ないの? はコメントを受け付けていません。

    これだけ医療が発達した現代社会に於いても、まだまだ脳腫瘍は怖い症状です。

    軽度なものであれば治療も確立されています。

    ですから恐ろしいと思うようなものではないのですが、進行してしまっている脳腫瘍ともなると、治療ではなく、「延命」といったものになることもあります。

    治すのではなく、脳腫瘍とどのように向き合っていくのか。

    このような考え方となってしまうことも。

    ですので、脳腫瘍にならないようにしたいとは誰もが思っているでしょうが、脳腫瘍の予防方法はあるのでしょうか。

    実はこれはまだまだ解らない事が多いのです。

    そもそも、脳腫瘍がなぜ発生するのか。

    これもまだまだ解らない事だらけだったりするのです。

    脳外科手術のスーパードクターである福島孝徳さんでもそれは分からないそうです。

    治療方法が確立されているのも、あくまでも初期症状だったり、軽症な場合のみであって、重度の脳腫瘍の場合は治療は難しいものです。

    ドラマ等でも脳腫瘍が扱われる事がありますが、その時の表現は決して誇張されたものではないのです。

    ですので、脳腫瘍はとても恐ろしい症状なのです。

    予防策があれば誰もが行っているでしょう。

    ですが「これ」といった予防策はありませんので、日々の生活の中で、ストレスを溜めない事や食生活、睡眠時間といった基本的な事を遵守するしかないでしょう。

Comments are closed.