• 212月
    Categories: 教育 限られた予算でいかに良いサービスを提供できるか はコメントを受け付けていません。

    介護事務で必要なことについて書かせて頂きます。

    まずは、何と言っても、介護に関する会計の事務です。

    今後は自治体などでの介護の事務で予算的に工夫が必要になり、限られた予算でいかに良いサービスを提供できるかを考えていかなくてはなりません。

    介護は避けられないものであり、すべての高齢者が受けるわけではありませんが、介護にならないための予防のサービスも考えていって良いと思います。

    少しでも無駄な支出を減らすために、介護だけでなく病院での精神医療などの支出も少なくしていけるようにすることを考えていかなくてはなりません。

    それは決して不可能ではないはずです。

    ただ、あまりの患者さんの多さに医療サービスがついていけないという現状があるのでそれをうまく克服していくことが今後の課題だと思われます。

    ではどうしたら良いのでしょうか?

    行政サービスの横の連携を深めていくことです。

    それによって、介護が必要とする予算を税金の中からうまく捻出して行けます。

    それも長期間うまくいくわけではないので、予備費をうまく使うことを考えていけたら良いと思います。

    そして、第二には、介護の人的サービスをもっと研究することです。

    事務職としてできることに限界はありますが、それでも人的サービスをどう良くしていくかは県を超えた多くの介護プロジェクトチームで議論を深めていくことで進歩が見られれば良いのではないかと思います。

    このように、介護事務で必要なことは現状を少しでも変えるように人的サービス、予算を工夫していくことが今最も求められていることということが考えられます。

Comments are closed.