• 生活の変化に伴って、だんだんとお金に余裕がなくなってしまうというのはよくあることです。
    レギュラーな出費に対応しきれない、という事態になってしまったときには、お金を借りることになります。

    この時、定期預金などがある人は銀行の貸付制度を利用したり、定期預金を解約すれば良いでしょうが、そうでない人のうち、生命保険に加入している人は、生命保険の解約返戻金を担保にお金を借りることができる制度があるので覚えておくと良いでしょう。

    生命保険の契約者貸付制度は、契約時の満期利率のパーセンテージによって利率が変わります。
    高い利率でお得な生命保険に加入しているという人は、借りる時の利率も高くなってしまうというわけです。

    また、学資保険や生命保険、養老保険など、解約返戻金がある生命保険であれば利用できますが、解約返戻金のない掛け捨ての医療保険や共済などの場合は利用できませんので注意しましょう。

    この契約者貸付制度は、保険契約以外の担保は必要ありませんし、保証人もいらない、非常に便利な制度です。
    解約返戻金の7割から9割程度の枠内で、何度でも利用することができます。

    また、通常のお金を借りる方法と大きく違うのが、返済方法です。
    毎月天引きになるというのではなく、お金が出来たときに返す、というシステムなのです。

    一見ありがたいように感じられるかもしれませんが、複利で利子がついてしまいますから、せっかくの低金利なのにいつのまにか利子がかさんでしまったということにもなりかねませんから注意してください。

    一部返済や利子のみの返済もできますから、いくら自動で引き落としがされないと言っても、返せるときに返しておいた方が良いでしょう。
    契約者貸付制度でお金を借りることにして、その後返済ができなかった場合は、当然、満期時に受け取れるお金から差し引かれることになります。

    こうなると、受け取れるはずだったお金が受け取れないということになってしまい、せっかくの保険が無駄になってしまいます。
    また、一時金がある保険の場合は、一時金から差し引かれるということもあるようです。

     

    出典元→http://お金・借りたい.net/