• 125月
    Categories: 債務整理 プリンの作り方を上手に はコメントを受け付けていません。

    プリンは自宅で作るデザートとしても人気です。
    特に主婦の方はお子さん向けにプリンを作る機会も多いのではないでしょうか。
    シンプルなレシピで、簡単にできるデザートとしてプリンが紹介されることも多いのですが、簡単と言っても誰もが確実に美味しいプリンを作れるかというとそうでもないようです。

    中にはなかなか上手に作れず失敗してしまう人もいるようです。
    プリンの失敗例はいろいろあるのですが、冷蔵庫で冷やしても思ったように固まってくれないという失敗が多いです。
    固まらない理由も様々なのですが、まずは火加減、蒸し加減、そして材料です。

    特に材料に卵を使う場合、全体の量に対する卵の量が少なすぎると上手に固まらないことがあるようです。
    そもそもプリンが固まるのは卵の白身が冷えて凝固するからです。

    ですので牛乳、砂糖、卵のバランスを見直すことで改善されることもあります。
    またプリン生地を作るときに熱しすぎて沸騰させてしまったりしても上手にプリンが出来上がらないことがあります。
    加熱の際は沸騰させないように弱火と中火を調整してなめらかに混ぜてくださいね。

    それからカラメルソースで失敗する人も多いですね。
    一番多い失敗は焦がしてしまうことです。
    カラメルソースは砂糖と水を混ぜて作りますが、分量も少ないので鍋に入れて火をかけると急速に加熱されます。

    色合いを見ながら火にかけていてもちょっと気を緩めたすきに焦げてしまうことが多いようです。
    カラメルソースは急いでいるとついつい火加減を強くしてしまうのですが、弱火でじっくり程よい色合いになるまでゆっくり加熱してくださいね。

    子供向けのカラメルソースは砂糖をやや多めに、大人や男性向けには砂糖を少なめにして焦げ付く直前まで熱すると程よい味になります。
    特に男性はあまり甘いデザートが苦手な人も多いので、恋人や夫に手作りする際は甘さを調整すると良いと思います。

    それからプリンを蒸し焼きにする際も、蒸す時間が長すぎたり短すぎてプリンが思っていたようになめらかにならないときがあります。
    多くのレシピを見ると人によって蒸し焼きする時間が異なっているのがわかると思います。

    自宅の蒸し焼き器や用量、火加減によってもちょうど良い蒸し焼き時間は変わってきます。
    最初はなかなかコツをつかみにくいかもしれませんが慣れてくると蒸し焼きにする時間もわかってきますし、最初より次、次よりその次というようにだんだん理想のプリンが作れるようになってくると思いますよ。

     

    プリン 作り方
    富士そばの『そば茶プリン』が大人気すぎて「そばを食べずにプリンを食べにくるお客さんが増えた」らしい(笑)

Comments are closed.