• 2312月
    Categories: 債務整理 インプラスの二重窓で省エネに貢献! はコメントを受け付けていません。

    窓は、内側から外を見るためと、採光・通風などの大きな役割がありますが、窓からのエネルギーの損失も大きく、冬は37%の暖気が失われ、夏は53%の熱が侵入しているそうです。

    特に冬季は室外と室内の温度差から生じる結露が、拭き取る手間もさることながら、窓近辺の壁を湿気させ壁紙のシワ、剝がれ、黒カビを発生させたりと、困りものですね。

    これらを改善するには、窓の断熱性を見直すこと。

    と言っても、住宅の窓全部のガラスを入れ替えるなどしていては大変ですが、インプラスという製品名の二重窓なら、手軽に今ある窓の内側に取り付けることができます。

    ※インプラスならトーワ技研にお問い合わせ下さい。

    その結果、冷暖房費が大幅に節約できます。

    熱伝導率の低い樹脂製の二重窓を設置すると、灯油に換算して約三分の一に節約できるというデータがあります。

    エネルギーだけでなく、防音効果も高く、外の騒音の侵入と内側の音が漏れるのを防ぐので、幹線道路、線路沿いなどに建つ住宅、ピアノ教室などでは大変効果的です。

    二重窓に嵌めるガラスを複層にすれば、よりいっそう、断熱性、遮音性の効果が高まります。

    また、窓の鍵も二重になるので防犯効果にも一役買っています。

    工事費用30万円以上の次世代省エネルギー基準に適合した窓のリフォームは、平成25年まで、所得税減税・固定資産税軽減の対象となるので、メーカーなどに問い合わせてみては。

    住宅の省エネを考えるなら、美しく、丈夫なインプラスで窓まわりをガードしませんか。

Comments are closed.