• 0112月
    Categories: 借金地獄 税理士ってどんな仕事をするの? はコメントを受け付けていません。

    税理士は税務に関する専門家です。

    税理士以外の人が税理士法に定める仕事を行うと罰金に処せられるなど、それだけ専門性が高く責任を問われる仕事です。

    確定申告の書類など税務署に提出する申告書等の書類を作成したり、納税者に代わって申告や申請の代行をしたりしています。

    また、市役所などの行政機関が主催する無料の税務相談会で税務相談に乗ったり、有料で税務相談を行ったりします。

    具体的にその人の質問に応じて税金の計算をして金額を示しながらアドバイスができるのは、税理士だけに限られ、いかに知識があっても他の専門家は行うことができません。

    税理士は税金の計算や書類の作成、税務相談に限らず、最近では広く中小企業などの経営に関わり、コンサルタントとしての役割を担うことも多くなっています。

    経営者の中には技術力や人を動かす力があっても、経営の細かいノウハウや財務管理力を持ち合わせていない人も多いため、税理士は力強いサポート役となります。

    企業と顧問契約を結ぶケースも多く、月単位もしくは年単位の顧問料をもらい、定期的に企業を訪問したり、いつでも電話等で質問や相談に対応できる体制を整えたりしています。

    企業の税務や会計上のコンサルティングだけでなく、企業のオーナー社長などの個人的な税務相談に乗ることも多いです。

    オーナー社長の場合、亡くなった時の相続税の問題や後継者への事業承継が大きな問題になるので、生前に相続税の節税対策や納税対策、スムーズな事業承継のための計画を立てる必要があります。

    そのアシストをするのも税理士の仕事の1つです。

     

    川口宜孝税理士事務所
    東京都千代田区の税理士なら川口会計事務所【東京都】。顧問料月額10,500円から対応の会計事務所

    Tags:

Comments are closed.